土鍋で炊きたてご飯を食べよう!
original
5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad 5ec13f95bd21782538c5a9ad

土鍋で炊きたてご飯を食べよう!

残り3点

¥12,000 税込

送料についてはこちら

(動画配信中!!) 『シェフ気分!サラダを作ってみよう』 https://youtu.be/PfRIF-BokVs 独歩炎の土鍋&能登島のお米でごはんを炊いてみよう! ツヤツヤの炊きたてご飯でおにぎり作り。 能登島のコシヒカリ2合、能登島の藻塩、紫蘇の粉がセットです。 藻塩と紫蘇の粉のおにぎりはコドモに大人気! 土鍋は独歩炎の人気商品、「木蓋付 ごはん炊き専用羽釜」の2合炊きです。 木蓋に国産ヒノキを使用した、ごはん炊き専用の羽釜は、形も色もレトロ感あふれています。 羽釜の形なので、熱がまんべんなく伝わり、全体的にふっくらと炊きあがります。ハードルが高いと思われる土鍋での炊飯ですが、やってみると以外と簡単!!子供と一緒に是非チャレンジしてください。 また、セットのお米は独歩炎と同じ能登島曲町の「箱名」という水の豊富な棚田で生産されているコシヒカリです。 同じ土地で生まれたので土鍋との相性もピッタリのはず! 塩は能登島の長崎という地区で手作りされている、海藻エキスが入った「藻塩」です。とっても味わい深い塩なので、おにぎりにするとしょっぱさと旨味が抜群です! サラダや刺身などにぱらっとふりかけるのもオススメです。 また、紫蘇は能登島のおばちゃんたちが夏に手作りする、太陽の日差しをたっぷり浴びた梅干しの副産物。おにぎりにすると元気いっぱいエネルギーが湧いてきます。 土鍋でご飯を炊く。 そこにはいろんな可能性が秘められている、そんな気がするセット商品です。 ●セット内容 木蓋付 ごはん炊き専用羽釜(2合炊き) 能登島産コシヒカリ(2合) まあそい 能登島の藻塩(70g) まあそい 八太郎の紫蘇の粉(20g) ●美味しい土鍋ご飯の作り方 1.お米を研ぐ  最初の1回目はささっと。  水の濁りが少なくなるまで4,5回ほど研ぎます。 2.ザルで水を切る  しっかり水を切ります。 3.土鍋に研いだ米と、同量の水を入れて、1時間以上水に浸します。 4.着火!火加減は中火と強火の間で 5.グツグツ沸騰してきたら、弱火にして約8分ほど 6.火を消して、約10分蒸らしたら出来上がり。 ●商品詳細 木蓋付 ごはん炊き専用羽釜 サイズ φ165×135H